クアラルンプールの美味しいものVol.2~クレイポットチキンライス~

こんにちわ。

日本は初夏で気持ちの良い季節ですね~(^^)

常夏のクアラルンプールは毎日暑いです。でも「暑いな~」と思った途端、絶妙なタイミングでどしゃぶりのスコールが降ります。

マレーシアは多民族国家ですが、中でも大きな割合を占める中華系はビジネスで成功を収める人が多いと言われています。この国ではマレー系のみ国の仕事に就くことが出来ると言うシビアな背景もあるのでしょうね。中華系は教育熱心で優秀なのでビジネスでも成功を収めやすかったのかも知れません♪

そして中華系と言えば、世界の主要都市に必ず存在するチャイナタウンです。ここクアラルンプールにも立派なチャイナタウンがありますよ!

日本ではほぼ足を運ぶことがなかったワタシですが、ここクアラルンプールのチャイナタウンには、何度でも再訪したくなる魅力が溢れています。

ゴハンが美味しい、ごちゃごちゃした感じがたまらない、必ず一つは面白い発見がある、この3つが足繁くチャイナタウンに通う理由です(^^♪

雑多なのですがオシャレなカフェがあったり、隠れ家的なバーが見付かるので立ち寄ったりします。

そして今日のお目当てはクレイポットチキンライス!土鍋に米とチキン、ソーセージや野菜などを入れて炊き合わせたシンプルな料理です。醤油味のお焦げのがたまらないとリピーターも多し。本場はシンガポールですが、クアラルンプールにも幾つか美味しいお店があり、その中でもここのクレイポットチキンライスは完璧です。

屋台風のお店では店頭でおじさんが土鍋をたくさん並べてせっせと炊き上げています♪

まずはビールでごはんの炊き上がりを待って

運ばれて来たらまずはごはんをかき混ぜて味を慣らし

食べる!後からトウガラシを持ってきてくれたので混ぜると程よいアクセントになりました。

通常は4時半から10時までしか開店してません。しかも夕食時は混むので早めの来訪をおススメします。

チャイナタウンの通りを眺めながら、熱々の土鍋を食べるのも楽しいですよ~

Hong Kee Claypot Chiken Rice

住所:Stall in front of 89A Jalan Sultan,Kuala Lumpur 500000,Malaysia

 

 

クアラルンプールのサラリーマン&OLのランチ事情

クアラルンプールは東京の3/2ほどの面積にオフィスがギュッと詰まっています。なので都心の中心部には当然人口が集中し、ランチ時になるとOLやサラリーマンがお財布を抱えて一斉に外へ出てくる光景が目につきます。


高級ホテルやショッピングモールが立ち並ぶ辺りでは、ランチの平均予算は30リンギット。およそ1000円となりますが、普通のサラリーマンの月給を考えると少し割高ですよね。世のOL達はどうしているのだろうとずっと不思議でした💦

そこでローカルに訪ねてみると、「みんな屋台とか行ってるよ~」との答えが…屋台?OLが屋台に行っているの?とすでに興味しんしん。

屋台と言えば有名なのはジャラン・アローにある屋台通りですが、観光客相手のためそこまで価格は抑えられません。

そこでローカルとっておきの屋台(ホーカー)を教えてもらい、混み出す前の11時ごろふらりと訪ねてみました。

凄く高いビルの狭間に屋台(ホーカー)があるのが面白いですね(^^)ここはWisma Coswayという6つくらいの店舗が共同で出店しているのです。

まだ人まばらでしたが、カレー専門店やベジタリアン用の店などとにかく狭い空間に沢山の屋台がありました。

一番奥からいい匂いが漂ってきたので、ふと振り返ると私の好きなワンタンミーが!早速この店で注文するとその場で作ってくれます。

ワンタンミーとワンタンスープがセットで出て来ます。お腹が空いていたのでぺろりと平らげてしまいました。味も美味しいし何といっても5.5リンギット(約160円)という手軽さ。

日本でいう500円ランチでしょうか。これはおそらく私もリピートすると思います。

場所はBukit Bintan駅から歩いて5分ほど。パビリオンショッピングセンターの裏手にあります。

カフェやレストランのランチに飽きたら、野外の風が吹く屋台でランチがおススメです♡

住所:Wisma Cosway,88,Jalan Raja Chulan,Kuala Lumpur

 

クアラルンプールの美味しいものVol.1~ナシレマ~

T

こんにちわ。
クアラルンプールに住み始めて、まず感じるのは気候の素晴らしさ。
カラッとしていて、適度に吹く風は涼しくとっても心地良いのです。そしてたまのスコールはひんやりとした空気と共に湿気を運んでくれます(^^)/

2つ目には何といっても食事が美味しいこと。(←これ、毎日のことなのでかなり重要)

もちろんグルメにおいて東京に並ぶことは出来ませんが、ふらりと入ったローカル店でその美味しさにハッとすることがあります。

ところでマレーシア人の朝ごはんや昼食と言えば、ナシレマですよねー

正式にはNasi Lemakなんでナシレマッとかナシルマッとかちょっと可愛い発音になります。

ナシレマとは「ナシ」=米、「レマ」=ココナッツミルク、という意味からも分かるようにココナッツミルクで炊いたお米におかずをのせて一皿に盛り付けたものなんです。定番に添えられるのはキュウリや小魚、ピーナッツ。そこにメインの揚げたチキンや羊の肉などをのせサンバルソース(甘辛いソースでこれがまた美味しい!)をたっぷりと添えます。

これをバナナの葉とかに載せて食べるのがローカル色強くてまた良し♡

都心のオフィス街ではなかなか本物のナシレマに出会うことがないのですが、私の行きつけの「CAPITOL CAFE(首都茶室)ではこれぞナシレマといったランチを出してくれます♪

毎回揚げ具合が微妙に違うのは置いといて・・いつも文句なしの美味しさです。特にこのサンバルの甘辛さがココナッツ風味のお米と合うったらありません。

ナシレマ一皿にジュースかお茶が付いて10RM(=300円ほど。)

昼は地元のOLさんやサラリーマン、会社の打ち合わせや会食でいつも大盛況なんですね~

さすがローカル民は美味しいものよく知ってますね、ごちそうさまでした(^^)

首都茶室

CAPITOL CAFE SDN BHD

46&48,Jalan Sultan Ismail,50250 KL

Tel:603-211–5591